読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみかづくり

2017年の夏、大阪府交野市に無印良品の木の家を建てる夫婦の備忘録。

たんけんぼくのとち~そうだ、ドライブ行こう~

候補地を絞ってしばらく売土地を探す日々が続いていたのです、もじゃ夫氏が

しかしながらさすがに条件ガッチガチにしすぎたのか、良さそうなところがなかなか出ない。これはもう地元の不動産屋とか行くべき…怖い…(コミュry

 

夏休みにたまたま我が実家に行く予定があったので、まぁ決まってから親にいうのもあれなので、父には書類見せてこんな感じで探してんねん、というアピールをしておきました。あと諸事情で父も同じ地域で土地探しをしていて、こんな広さのこんな値段ぐらいの、ちょうどいい感じの土地がでてきたらこっちに情報くださいゲヘゲヘと。

割といろんなことに小うるさい父なんですけども、昔からの無印良品好きでもあり、特に何も言われなかったので安心した。

 

それからたまたま妹者からもLINEが来てたので同じように報告して、土地探しがこんなんでさーとだらだら会話していたのですが、シルバーウィークに値段の見合う土地らへんをみんなでドライブしてみよや~と提案が。

我が夫婦は車に乗る機会があんまりないので、いっぺん土地の感じ見て候補地増やしたほうがいいんやろうけどもなぁ…と尻込みしていたんですよ。しかしながら妹者は都会でぶいぶい車を乗り回している猛者ですので、まさしく渡りに船!!

 

あくた『たのむわ~、もじゃ夫氏もつれていくわ~』

妹者『あと、土木系に詳しくて~、土地のうんちくとかも喋れて~、この辺はこれだからアレみたいな話できる人がいたほうがいいよねぇ~』

あくた『おとんじゃね…?』

妹者『おとん…や…な!』

 

という会話の流れで父も巻き込むことにしました。(父昔地質調査の会社勤務

そんだけみんなでキャッキャしてたら母もついてくるような気がするので、なんだか大事になる予感…っ!

そしてワタシたちにはめぼしい地域をピックアップするという宿題が発生しました。