読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみかづくり

2017年の夏、大阪府交野市に無印良品の木の家を建てる夫婦の備忘録。

たんけんぼくのとち~突撃土地屋さん①~

土地探し

さて、せっかく気に入った土地が見つかったのに建築条件付きの分譲地でがっかりしたわけですが、悶々と考えていたところ、閃いたのです。

 

建築条件があるなら

_人人人人人人人人人人_

> 外せばいいじゃない! <

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 

というわけで、さっそくみんな大好きネットサーフィンにて情報を収集してみました。

したら、まぁまぁ同じように考えた人はいるようで、各所で色んなアドバイスを発見。

 

総合すると、

・建築条件を無しにしてもらうことは可能

・ただし、不動産屋にもよるが、概ね1~3万円/坪上乗せされる(建物での見込み利益分)

・売れ残ると、建築条件無しでだしたりするよ。

とのこと。

 

1~3万円…ワタシたちが目を付けていたところは平均が47坪程度…プラス150万円…!

なかなか厳しいです。あと、売り出したのも今年の4月とかいうレベルでまだ半年。一般的な分譲地がどのくらいで売れ残りと判断されるかはわかりませんが、まだ早いような気もします。今行ったら足元見られそう…とまたしばし悶々。

しかしながら、もしかして資料取り寄せしたらもう売却済のとことか教えてもらえるかも!と思いたったので、資料請求してみることにしました。

 

うちでは家の関連のことはすべてもじゃ夫氏が表立ってやることになっていますので、もじゃ夫氏の名を騙って請求したのですが、仕事中のもじゃ夫氏のところにすぐに業者からの折り返し電話がかかってきたのです。

 

もじゃ『業者から連絡あったで』

あくた『えっすまん邪魔したやで』

もじゃ『いろいろ聞かれたから、条件無くしてほしい話したやで』

あくた『(ギョギョーッ!!いうてしもた!!)

     な、なにか言ってたあるか…?』

もじゃ『そのままの値段では…いうてはったから、

    ●●円までしか出せませんいうた』

あくた『(ギョギョギョギョー!!手の内丸出しでござる!!!)

    ほ、ほんでなんか言うてた??』

もじゃ『とりあえず一度現地で会って話ましょかーって』

 

ワタシの想像をはるかに超える速度で…物事が進んでしまったようだ…っ!!でも一応、話を聞いてくれるのがわかったので、とりあえず資料が届くのを待ちました。

前回のケ●ンの店ぐらい手こずったらどうしましょうと思っていたのですが、最短ぐらいで手元に資料は届いたんですが、それもまたホームページ以上のことは載ってなくて少しがっくり…これはもう直接交渉しかありませんです…。

 

業者に会いに行く前に、周辺の公示地価や、売却している土地情報などから、およその土地の値段に見当をつけてみたところ、もじゃ夫氏が口にした値段でまぁ交渉できるのではないかという感じだったので、とりあえず話してみようと思い、その翌週の週末に現地に行くという連絡を業者さんにいれてもらいました。