読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみかづくり

2017年の夏、大阪府交野市に無印良品の木の家を建てる夫婦の備忘録。

実印を買ってきた

実印を親にせがまなければいけないわけですが、その前の土曜日に父がやってる自営業的なことで未曽有の事件が起きており、なかなか言い出しづらいぜ…と思ったので、両親がいつも使っているらしいハンコ屋さんを聞いて、発注だけやって、あとからお金を請求しようと思い立ったのです。

 

で、仕事を少し早退して出向いたわけですけども、とってもボロ…年季の入ったハンコ屋さんでした。中にいたおいちゃんに実印と銀行印を作りたい旨を伝えて、あっでも懐かしのTVチャンピオンのハンコ選手権の写真がある…とか店内をきょろきょろしていたところ、素材をばばーっと出されたのです。

 

柘植13000円

黒水牛23000円

オランダ水牛60000円

象牙80000円

 

はち…!えっはち…?

 

 

両親には象牙で作れ、と言われていたのですが、ワタシには象牙と言い出すことができす、しばし悩んでいたところ、ハンコ屋さんが

『柘植が30年、黒水牛が60年、象牙は90年が使用の目安ですよ』

と言われ、なんだ象牙なんか最終死んでるやん!と思い堂々と発注しました。

『黒水牛でお願い…します…』(堂々?

 

そこでハッと気づいたのですが、前払いなのか後払いなのか!?前払いの場合カード切りたいけどこの店、カード決済できそうにないで!?アイェエェエェェとなって汗をダラダラかきながら尋ねました。

『すいません…お代は…?』

『前金入れてもらったら後でいいですよー』

よ…よかった…!そこでなけなしのお小遣いから20000円出しました。

 

それで、お店を出てすぐにもじゃ夫氏と妹に

象牙は無理だよおおおおおおおぉぉぉ

 象牙も買えないワタシに家なんか分不相応だよおおおおおおぉ』

と泣き言をLINEしつつ帰宅、すぐに父に電話で

『すみません、象牙は無理でした』

と告げたところ

『実印だけでも、象牙にしなさい』

『ハァッでも前金もいれて発注したのですが』

『変更してもらってこい』

へ…変更…ですか…!!

 

で、ハンコ屋さんに変更してくださいと電話したところ

象牙、高いですけど大丈夫…?』

と子供相手かのような心配をされ、

『ハイ!アノ!オトウサンガ!!ヘヘッ!ハライマスッ!!』

とバカ丸出しの返答をしてしまいました。

それを妹に告げたところ

『イヤ…そんな33歳にもなって…ダッセー…見たことない…』

となじられ、ますます凹みました。

 

そんな紆余曲折のあった実印なのですが、土曜日の無印良品の打ち合わせにはきっちり間に合ったのです。

しかも、なんとなく可愛い印鑑だったので、すっかり気に入りました。

まぁ、あんまり押す機会はないんでしょうけど。

 

Instagramより 

https://www.instagram.com/p/BL2ZyEXBPTr/

新しく作ったハンコの、『子』が赤ちゃんがばんざいしてるみたいでとても可愛い。