読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみかづくり

2017年の夏、大阪府交野市に無印良品の木の家を建てる夫婦の備忘録。

土地&建物契約

いよいよ土地の契約の日になりました…!朝からお金とハンコを持って土地屋さんに出発です。

なにか変なことを言われても困るし、わからない話をされたらテンパるかもしれないので、重要事項説明(なにかの契約とかするときに説明されるやつ)については事前にネットで調べておきました。

 

www.fudousan.or.jp

 

駅で待ち合わせだと思っていたら違うかったりして、ちょっとガタガタしましたが、無事に重要事項説明をされました。内容は↑の通りでおかしなところがなにもなかったので、契約書に氏名住所を記入し、実印を押印しました。毎度毎度ハンコを押すと褒められるのはなんなの…隠れすぎた特技じゃない…?で、契約金を支払い、決済日を1月下旬に再設定しました。そこまでにローンを通してつなぎ融資を実行してもらわなくちゃ!!

それから、条件付きのまま建築している人たちがいつ頃完成、入居してくるのかを聞いてみたところ、3月4月がピークですかね~と言われたんですが、ワタシたちの家が3月着工で、もしや大きな音が出るのでは…と思ったので、『2月でも着工できるんですが凍結を心配してはるみたいで、その辺どうですか?』と聞いたところ、凍結の心配はないです、とのこと。そんならちょっと早めに着工してもらえるようにお願いしてみるか~と思いました。

 

土地屋から駅まで送って行ってもらう道々、どんな感じでプラン進んでますか~?予算内でできてます~?と聞かれたので、もはや初期からでぼんぼん金額上がってるんです~と話したところ、『そんなもんですよ、お隣もね、条件無しでやってるんですけど、1400万ぐらい上乗せなってましてね』とか言われてヒエッってなりました。そこまで、では、ない><でも、条件無しで建てるところがもう一軒あって、悪目立ちするのではという心配が少し減りました、ホッ。

 

 

で、ヤレヤレの後でもう一件、今度は建物建築の契約をしにグランフロントまで移動しました。こちらでも重要事項説明があったのですが、今までの人以外に一級建築士の方を紹介されました。この人が詳細図面などを担当してくれるそうです!

しばらく付き合いがありそうなので、最初からついてくれてる人をイチオさん、新しい方をニコさんと名付けることにします。とにかく契約をつつがなく済ませて、契約書をいただき、今後の打ち合わせを軽くしました。とはいえ、朝から割と緊張していたのでなんとなく気が抜けてしまっててポンコツでした。

 

さ~契約もしたし、具体的な作業がどんどん増えるぞぉー!!!

 

f:id:akutanpo:20161211225540j:plain

契約書、ゲットだぜ!!!!!!