読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみかづくり

2017年の夏、大阪府交野市に無印良品の木の家を建てる夫婦の備忘録。

中間金支払い

すでに土地の代金支払については以前に済んでいるのですが、家の代金についてはまだなにもしてません。

契約時の予定では当初の上棟の時に30%、木工事の完了時に30%、引き渡し時に40%を支払うことになっていました。

 

その、上棟の予定が4月7日で、三月末ごろにそのための書類が来ていたので提出していたのです。それから、ネットバンキングの振込限度額以内の金額であることを確認して、『よーし、土地の決済のときのような失敗はすまいぞー!』と張り切っていたのです。

 

 

で、4月8日に気づいたのです。

 

 

 

 

ふりこみ    して       ない!!!

 

 

 

 

そうです、忘れました。7日、普通に仕事に追われてた。

それで慌てて、とにかくお金が振り込まれてるのを確認してみよ…

 

 

ありません。

 

お金入ってません!

 

 

その時点で、上棟が1週間遅れる予定だと連絡が来ていたので、もしかして上棟延びたからお金が入ってないのかもしれない、と、と、とにかくローン会社に確認してみよう!!!!

で、もじゃ夫氏に電話してもらったんですけども、すぐ電話が切れたのです。

 

『上棟延びたから遅れてるの…?』

『うん、あのね、こっちにはお金来ないって★』

 

うん?

 

直接支払いかよ~!

 

なんとまぁ、会社から会社へ直接支払われていたらしいです。まぢか。そんなんありか。誰も教えてくれなかったのですが、これは当たり前のことなのでしょうか?

う~ん(--

とにもかくにも、心配しなくてもお金はきっちり支払われているようです。

ますますもってつなぎ融資、よくわからない存在である。