読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみかづくり

2017年の夏、大阪府交野市に無印良品の木の家を建てる夫婦の備忘録。

土地、ゲットだぜ!

土地探し

 ↓↓当日辺りの書き込み↓↓

 

 blog追いついてないんですがひとまず一報

 

希望の土地!! とったどーーーーー!!

 

 
f:id:akutanpo:20161102225942j:image

これを…

 


f:id:akutanpo:20161102230005j:image

こうじゃ!!!

スッキリ☆

 

***********************************

 

というわけで、ようやく土地屋さんから連絡が来て、土地を売ってもらえることになったのです。待ちくたびれたよ!!

 

それで、とりあえず購入申し込みと、申込金を払いに会社まで伺うことになりました。仕事後にもじゃ夫氏と合流して、土地屋さんの最寄り駅まで移動したのですが、もじゃ夫氏がモロ仕事着やったので、度胸ありすぎじゃない?と思いました。一方ワタシは、祝日で家にいたのに、このためだけに普段しない化粧をしたのです…。

土地屋さんのあるところは、土地探しの一番初めぐらいに『ここもいいかもー』と候補に挙げていたところだったのですが、駅からすぐに坂道をのぼり始めたので、『わーこれはチャリ通勤とか無理やわ…』と思いました。

 

事務所のようなところについて、早速いろいろ手続きをしました。前にキャンセル待ちを申し込んだところよりは2坪ほど狭い土地だったのですが、土地の値段が変更になっていなかったので、もじゃ夫氏をつっついて値切ってもらいました!30万円も!違うから!!(実は前日から何度も何度もそれだけは突っ込んでくれとしつこくお願いしておいた。)

申込金を払ってから、契約の日取りなどを打ち合わせしました。契約日は11月末、決済は1月初めが期限になりました。ふおおおこれが決まるときっと建物のほうもスケジュールが決まってくるんじゃない!?とひとり静かに興奮しました。

ワタシがやたらメモを取っていたら、土地屋さんが『しっかりしてはりますねぇ』といい、もじゃ夫氏が『いやぁ助かってるんですわー』とか呑気に答えていたのですが、そもそもワタシは持ち家希望でなければ戸建ても希望してないので、お金とか契約関係のことは全部勉強して主導してや!と言ってたのに全然やらないのはお前やー!!と思ったのです。もうその辺は性格とか向き不向きあるから半分以上諦めてるけど一生覚えておくからな…。

 

それから詳しい図面をもらったりして帰宅、すぐに無印良品の担当さんに連絡をして、打ち合わせの段取りをしました。いよいよ本格始動ですたい…!