読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみかづくり

2017年の夏、大阪府交野市に無印良品の木の家を建てる夫婦の備忘録。

家の中身を詳しく考える

おうち作業

土地が決まったので、いよいよプランを詰めていく段階になるよね、つなぎ融資から着工→竣工まで早いほうがいいらしいから、できる限りプラン早く固めないといかん!ということで、オプション部分をどうするか、などということを話し合いしだしたのです。

内装にほとんどこだわりはなく、プラスアルファでなにかお金がかかりそうな部分といえば、お風呂・トイレ・キッチンなのは前からわかっていたので、各メーカーからカタログを取り寄せました。

 

お風呂はTOTOさんのおしりがホッホッホのサザナ

www.toto.co.jp

 

トイレはTOTOの除菌の水がでる悪い便器ことネオレスト

www.toto.co.jp

 

キッチンは無印のステンレスキッチンがついているのですが、ワタシがホーローが好きなので、希望しているタカラのホーローキッチン

www.takara-standard.co.jp

 

トイレとお風呂については、ワタシは全然こだわりもなくて使えればいいやみたいな感じなのですが、もじゃ夫氏が割とこだわっており、特にトイレは『タンクレスじゃなくっちゃ!』と大変鼻息を荒くするのです。で、すべてのことを差し置いてとにかくトイレとお風呂のカタログをめっちゃ読んでは『色が変えられるらしい』とか、『浴槽はこれしか選べないのか調べよう』とか、あれ、前にもこんなことあったな…?状態に(実印買う前の日に荒くれたやつ)

しかもですね、土地の詳細な情報を送ったところ、無印の担当者さんに『これは地盤改良が必要かもしれません(意訳:予算が100万円程度UPです)』という風にメールが来ていて、ただでさえお金のかかりが増えることにピリピリしていたので、トイレとお風呂のことを思うがままにしようとするもじゃ夫氏に、

『トイレとかお風呂とか、性能とかには興味がないからどーでもいいし好きにしたらいいけど、気に入らないものにはビタイチ払わんからな!!!!!』(←ほんとにビタイチっていった)

とぶっとい釘を刺す羽目になりました。あーぁ(´δ`;)

 

それで少し冷静になって、エクセルで内装関係から各オプションの一覧を作って、あーしようこうしようととりまとめをしました。キッチンのカタログも隅々まで読んでみたのですが、正味の話、価格がよくわからん!!

で、グランフロント大阪にはタカラのショールームもあるので、サイズとかも詳細でたことだし、いっぺん行って見積もりを取ってみることにしました。

 

(後日ですが、地盤改良費はすでに見積に載っていたことが判明し、ピリピリは少しおさまりました。)